スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞より-Rubyで町おこし-

今日、朝日新聞で読んだのですが、

Rubyというプログラミング言語で松江市が町おこしを

しているという。

Rubyは松江市に住むまつもとゆきひろさんが開発者で

有名なプログラミング言語ですが、

松江市はIT産業者の交流ができるスペースを設けるなどをして

奨励し、今では、ソフトウェア系のIT産業の雇用が伸びているという。

当のRubyも今ではJIS規格であり、来年にはISO規格になるそうな。

http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201109190007.html


僕はプログラマーではないので、詳しくはわからないけど

Rubyで開発するとコストが安く済むらしい。

プログラミングで安く済むという意味は、人件費がかからない

つまり、短時間でできるということなのだろう。


僕自身、興味はあるけれど、なかなか手がつけられないところだが、

すこしずつ注視していけたらと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。