スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園探しの苦労

両親が共働きの場合、子供の面倒を見てくれる人がそばにいないと

普通、保育園に預けます。

最初から共働きにすると決めておけば、子供が生まれるとき、

1年の産休を見込んで早めに保育園への申込みをしていれば苦労することは

ないのかもしれません。


しかーし、私たちの場合、ま、事情があって、下の子が2歳になったときに

母親が働かないとあかんと、で、保育園探そうとなったときはそりゃ大変です。

そうです。俗に言う「待機児童」というやつです。


保育園には、認可保育園と無認可保育園というのがあって、

要は市などから補助金がでているかどうかの差なんですけど、

保育料が全然違う。


私たちも最初は認可保育園の空きがなくて、無認可保育園へ

預けていました。家の近所に認可保育園が3つもあるのに、

電車に乗って預けに行っていました。


預ける子供の年齢にもよりますが、無認可の場合、

2歳で確か月4万ぐらいはかかったかと。かなりキツイです。


半年預けて、やっと空きの認可保育園が出たんですが、

またこれが遠い。今、妻が毎日車で20分かけて連れていっています。

朝の20分。これも辛い。


なぜ、遠い認可保育園でも入らないといけなかったか?

保育料の問題もありますが、待機児童の順番というのは、

今、認可保育園へ入っていて通うことが困難であるという人が

優先されるからなのです。

もちろん、母子家庭の方や産休を取られている方も優先されます。

一番優先されないのは、急に働かないといけなくなり、

仕事を探してやっと見つけた人。


これってどうなんでしょう?

こんな不便でいいのかい?

こんな状況で子供を産む人が増えるのだろうか??


なので、結論としては、子供が幼稚園へ行くまでに働く予定のある人は、

早いうちから保育園の申請を出しておくことが肝心だということですね。
達人は、妊娠が判明したと同時に市役所に行って「入所申込書」を提出するそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 保育園
ジャンル : 育児

コメント

非公開コメント

プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。