スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから面接する人へ「採用の教科書」読了

私の今行っている会社でWebデザイナーを募集することになりました。
で、面接官はわたくし。
面接なんてやったことありません。

でも、いい人がいたら採用したいし、適当にするわけにもいかないし。
変な人雇っちゃったら大変だし。

といろいろ悩んだ末、なんか本ないかなとアマゾンやジュンク堂で
探しだしたのがこの本でした。

「1週間で会社が変わる!採用の教科書1」

1週間で会社が変わる!採用の教科書1~絶対失敗しない求人・採用・面接の仕方~1週間で会社が変わる!採用の教科書1~絶対失敗しない求人・採用・面接の仕方~
(2012/02/25)
稲田 行徳

商品詳細を見る


会社が人を採用する目的ってなんだろう?

本書では、

1.利益を上げるため。
2.会社の理念に共感する人を雇うため

と書かれていました。

おお。読むまでは、履歴書とか職務経歴書とか
書かれていることを質問しようと考えていましたが、
それでは、尋問と同じで、会社の理念に共感する人という文章で
目が覚める思いでした。

そっか、就職と恋愛は同じとよく言うけれど、
価値観が合わないと双方で不幸になるもんな。

ましてや、中小企業ともなると社長の意向がかなり色濃く反映されて
理念に合わない人はきっと苦しむと思うし。

また、読んでいて衝撃を受けたのが、
一緒に働きたい人を書きだすというのと反対に
一緒に働きたくない人を書きだすということ。

書きだしてみてなるほどぉ。働きたくない人というのは
かなり応募対象者のイメージが浮き彫りになる。

求人をする前に、会社の理念や採用したい人のイメージを
はっきりさせるというのは、読んでよかったと思わせる良書でした。

面接をする人にオススメな本です。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

JUGEMテーマ:就職活動 あなたの自分の人生を左右する「仕事」。 そのための...

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。