スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勝つための経営」を読了

「勝つための経営、畑村洋太郎×吉川良三」を読みました。


勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略 (講談社現代新書)勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略 (講談社現代新書)
(2012/04/18)
畑村 洋太郎、吉川 良三 他

商品詳細を見る


グローバル時代にあって、今、日本企業がなぜ苦戦しているのか

世界市場へ日本企業がどうやって切り込んでいけばいいのか。

そういうテーマでした。


ベンチマークとして、サムスンが上げられていたのは、

共同著者の吉川氏がサムスンに勤めていたからとのことです。


日本企業は基礎技術では、世界でも有数の技術をもっているものの

製品開発力やコンセプト、ブランド構築が不足しており

世界市場では苦戦しているとのこと。


つまり、その地域ごとの文化や事情を調べる力が不足し

地域の人が求めているものを最適な価格で提供する力が

不足しているとのこと。

それは、要するにマーケティングが弱いということでは?

もしくは、日本企業は、日本だけしかマーケティングに本腰を入れていない

のでは?という理解をしました。



もちろん、すばらしい技術を持っている日本企業はたくさんあるものの

そのアピール方法がよくわかっておらず、

つまりは市場とする地域の情報をうまくくみ取っていないということ。



またデジタル技術の普及で組み合わせの技術は

新興国でも簡単にまねをすることができるのも

中途半端な技術では、差別化が図れなくなってきているとありました。


今後、日本企業にはやはりものづくりしかないようですので、

では、どうやったら世界の市場で戦っていけるのかという

例を示した本でした。

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメント

非公開コメント

プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。