スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「激安エアラインの時代」を読了

最近、ピーチアビエーションがはやっているのでついつい

「激安エアラインの時代」という本を読んでしまいました。


激安エアラインの時代 (平凡社新書)激安エアラインの時代 (平凡社新書)
(2012/03/17)
杉浦 一機

商品詳細を見る



本書はとくにピーチについて書かれた本というわけではありませんでした。

世界のLCCや今後日本に登場するLCCについて、

その後、世界のキャリアがどうなるのか。

今までの航空行政はどうだったのかと大変詳しく解説されていました。


僕としてはピーチについていろいろ知りたかったわけですけど、

その辺は、先日放映されていた「がっちりマンデー」を見ていたので

なんとなくですが、わかっていたのでまぁ、いいかと。


激安と書かれていますが、LCCは、ビジネスモデル自体が現在のキャリアと

異なるので、単純に安いだけとは言えないようです。


整備をシンプルにするために、A320という機体だけで揃えたり、

人件費を抑えるために、カウンターを自動化したり、

荷物の預かりや予約方法にもオプション価格を設定したり、

単なる安売りとは違う面が多いようです。工夫といいますか。


でも、今までの飛行機ってそんなものだという既成概念をとっぱらったという意味で

ものすごく応援したくなる気持ちはわきます。


今後、ANAはエアアジアというLCCと会社を作って

日本に参入するそうですし、JALもジェットスターと会社を作るようです。

これは、今後、アジア圏が航空業界で最大市場となるのを見越しての動きだそうです。


国内でもスカイマークとLCCの競争など、今後も注目し続けたいと思います。

一利用者としては、安全で安ければ大歓迎ですけどね。



スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメント

非公開コメント

プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。