スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒブリア古書堂の事件手帖(2)を読了

ビブリア古書堂の事件手帖を読みました。


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る



ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


ライトノベルというのでしょうか。

軽い感じでさくっと読めるのがいいですね。


以前に1巻を読み、今回は2巻を読みました。

舞台は北鎌倉にある古書専門店。

主人公はあるきっかけで本を読めなくなった男性と

古書店の女性店主。

古書店の女性店主は、普段人見知りするぐらいおとなしい女性なのですが

こと古書のことになると人が変わって饒舌になり、

安楽椅子探偵のごとく、古書から人の感情や行動を推理していきます。


章ごとに文学作品のタイトルがつけられ、

今回は、「時計じかけのオレンジ」「名言随筆サラリーマン」

「足塚不二雄 UTOPIA」でしたが、

これらの古書がきっかけとなる事件をみごとな推理で解いていきます。

あとがきでは、まだまだこれから本編らしいので

もうすこし古書をめぐる事件も続きそうです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。