スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本でいちばん大切にしたい会社」を読了

「日本でいちばん大切にしたい会社、坂本光司」を読みました。


日本でいちばん大切にしたい会社日本でいちばん大切にしたい会社
(2008/03/21)
坂本 光司

商品詳細を見る


経営において、業績、つまり売上とか利益を上げることと

社員を大切にすること、これは双方成り立つのか否か。

という点が悩ましいところだと思うのですが、

本書で紹介されている会社は、連続して業績向上しつつ、

働いている社員も大切にするという技を続けている会社です。


ちなみに、作者の坂本先生は、法政大学の先生で

中小企業の現場を研究されている先生です。

文体も普通のビジネス書と違い、かなり熱く熱く語っておられます。

ぐぐってみると、「日本でいちばん大切にしたい会社」公式ブログ

なども出来ているみたいです。


先生は、経営をするにあたって大切なことを5つ書かれています。

1.社員とその家族を幸せにする。
(口で言うのは簡単ですが、本当にその家族まで幸せにする覚悟と行動が
できるかというのは、難しい問題です)

2.外注先・下請企業の社員を幸せにする
(業績が悪くなったら簡単に外注への支払いを削る。それって、足元を
掘っているのと同じことですよね)

3.顧客を幸せにする。
(これも行動に移すのはほんとに難しい。なぜって?顧客がなにを考えているのか
なんて、聞かないとわからないもーん)

4.地域社会を幸せにし、活性化させる
(グローバルの声はよく聞こえますが、地域社会をっていう話はなかなか)

5.自然に生まれる株主の幸せ


第一に挙げられているのが社員とその家族の幸せというのがポイントでしょうか。

企業経営は「人、人、人」。不況を克服するのもイノベーションを起こすのも人。

マーケットを作りだすのも人なわけで、当然といえば当然かな。


で、そんな人を大切にする会社トップで紹介されているのは、


日本理化学工業株式会社

ダストレスチョークを作っている会社で、知的障害者が

全社員の7割という、いかに働きやすい環境を作っているかが想像できます。

Webサイトが日本語と英語とフランス語に対応しているのも

面白いです。しかも、HTML5でコーディングされてるとは。。


つぎに紹介されていたのは、「伊那食品工業株式会社」。

寒天の国内シェア80%の会社のようです。

「会社は社員の幸せのためにある」ことをモットーとして

「いい会社をつくりましょう」という社是を掲げている会社です。

しかも、48年間増収増益というすごい会社です。


3つ目は、「中村ブレイス」です。

義肢装具をつくる会社で、島根県太田市という辺鄙な場所にあるにも関わらず

世界中からお客様と就職したい若者が集まってくるそうです。

まさに、本当に必要なもの人の役にたつものを作っている会社は

誰もほっておかないのでしょうね。


4社目は、「柳月」です。

北海道十勝のお菓子屋さんです。

40年にわたり増収増益を続けているのに、北海道から出ようとしないとのこと。

創業者の田村さんの創業エピソードは感動です。

戦後すぐにお菓子屋をしようと思うのも先見性を感じます。

毎年、40名もの新卒者を採用しているようですが、競争率が100倍とのこと。

北海道中の高校生や大学生が集まるんでしょうね。


5社目です。「杉山フルーツ」です。

他の4社と違って大きな会社ではなく、5人のスタッフの果物屋だそうです。


どの会社もそうですが、やはり業績がいい会社は

Webサイトもしっかりしているなぁということ。

特に杉山フルーツさんは、ご自身で作られているのがよくわかります。

なんか楽しんで仕事をしているのが伝わります。

店頭販売をライブと言ったり、フルーツアーティストと読んだり。

ブログも頻繁に更新されているようで、

姿勢が伝わってきますね。


と、大きく5社、コラムで数社紹介されていましたが、

どの会社もとってもいい会社です。

経営って簡単なことじゃないかもしれませんが、

お手本のようなこれらの会社があると気分が元気になりますね!
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。