スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陽だまりの彼女」読了

久しぶりに胸がキュンとする(死語?)ファンタジー小説を読みました。

「陽だまりの彼女、越谷オサム、新潮社」

陽だまりの彼女陽だまりの彼女
(2008/04)
越谷 オサム

商品詳細を見る


中学時代、主人公「浩介」の前に突然現れた女の子「真緒」。

外見はかわいいものの無類のバカ。

とたんイジメの対象となる。

あるとき、主人公がキレてかばったために、周りから2人だけ

浮いた存在になる。

それから10年。社会人になった浩介の前に現れた真緒。

かなりキレイになり、デキル会社員となっていた。と普通の恋愛小説かと

思う始まりから、その後付き合い、結婚と話は進んでいくが

実は彼女は秘密を抱えていたという話・・・

ファンタジーなんだけど、なんだか心がほわっとしていい話でした。

最後はファンタジーっぽくどんでん返しなんですけど、

大切な人がいなくなる恐怖ってやはりこの年齢になると素直に怖いなぁなんて。

2人の暖かいほほえましい関係とファンタジーがあいまって

とってもいい小説になりました。おすすめです。

気がつかなかったけど、再度読み返すとあちらこちらに伏線があります。

まぁ、これはわざとっていう感じもしますけどね。

ちなみにネタばれ的に・・・真緒って中国語で・・・mao・・・ちがうよなぁ。

スポンサーサイト
プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。