スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMをやってみよう!:「バカ売れDM集客術」

DM(ダイレクトメール)についてもっとよく知りたいと思い、
こんな本を読んでみました。

「バカ売れDM集客術、豊田昭、中経出版」

バカ売れ DM集客術バカ売れ DM集客術
(2010/08/24)
豊田 昭

商品詳細を見る


作者の豊田さんは、DMの発送代行業をやりつつコンサルタントとしても
ご活躍されている方のようです。

まず本書を読んで認識を改めたのは、DMはチラシとは違うということ。
チラシは「散らし」というように不特定多数の人に送るもので、
DMは「ダイレクト」という言葉どおり、送る相手を絞って送るものとのこと。

まさにマーケティングです。
本書でも書かれているようにDMの成功の5割は見込み顧客リストであるとのこと。

ターゲットを絞りターゲットがひかれる言葉をわかりやすく伝えることで
反応率は10%とか20%になるとのこと。

それにはデータが重要で、テストを繰り返し、データを蓄積することで
よりよいDMへとなっていく。

これも、マーケティングではとても重要な地道な作業ですよね。

本書では、いかに反応率を上げるのかという点について
こと細かく具体策を書いておられ、とても参考になります。

なかなか一朝一夕ではできないかもしれませんが、
僕がやろうとしているオンラインマーケティングにも通ずるところが
多々あるので、とても勉強になりました。

この方法を実際に試してみたいと考えてます。
スポンサーサイト
プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。