スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「究極のセールスレター」読了

「究極のマーケティングプラン」に引き続き、

「究極のセールスレター」を読了しました。

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
(2007/03/30)
ダン・ケネディ

商品詳細を見る


個人的には、今回読んだ「究極のセールスレター」の方が
前回の「究極のマーケティングプラン」よりも面白かったかなと思いました。

この本は、全編がステップになっており、ステップ1から28までで構成されています。
それぞれのステップを実施していくことにより、セールスレターができあがる仕組みです。

僕がまだまだだから、セールスレターといってもピンとこなかったのですが、
書き方などは、Webサイトのライティングにも生かせるなぁと思いました。

ポイントはここでも「顧客を理解する」「商品を理解する」ということが基本にありました。

また、ヘッドラインのサンプルや読む相手の心をくすぐる文章の書き方など
あの手この手で心理的にゆさぶるのは、とても参考になりました。

最後にとてもタメになった言葉をご紹介。
「お客さんが買うのはものではなく、そのものが提供してくれることを買う」のだ。

よく特長だけを並べるのではなく、その商品がお客さまに与えるビネフィットを
明示するようにといわれていましたが、まさにそのことですね。

他にもセールスレターの本で日本語のがあるみたいですけど、
まずはこの本チェックしてよかったと思いました。

スポンサーサイト

「究極のマーケティングプラン」読了

ダン・S・ケネディさんの

「究極のマーケティングプラン」という本を読み終わりました。

究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル
(2007/03/30)
ダン・ケネディ

商品詳細を見る


最近、マーケティングの本を読んだりしていますが、

この本はタメになることが多くありました。

まずはじめに書かれていたのが、

「他にもいろいろ選択肢があるのにどうしてあなたのビジネス/商品/サービスを
選ばなくてはいけないのか」

マーケティング用語のUSP(ユニーク・セリング・プロポジション)の意味が
この言葉に集約されているなぁと思いました。

また、ためになるなぁと思ったのが、
メッセージの伝え方ステップでした。

ステップ1:ニーズと欲求を掘り起こす。
ステップ2:ニーズ/欲求を満たすものを提示
ステップ3:どこで入手するか
ステップ4:入手先の価格で納得
ステップ5:行動する理由をみつける

このステップを踏まないとお客さんは購入へとつながらないとのこと。
これは、いろいろなシーンで応用できるなぁと。

他にも、トータルカスタマーズバリューなどなど
役にたちそうな考えがありました。

プロフィール

大阪在住のWeb屋

Author:大阪在住のWeb屋
企業に勤めるWebディレクター。Webマーケッターになるべくがんばってます。自分の関わった仕事でお客さんの事業が大繁盛する日を夢見てがんばってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。